社員インタビュー

介護への想いをカタチにできる自由さがある。 健康福祉事業部 部長 有料老人ホーム あみーご倶楽部大垣 施設長 北島 史裕 社会福祉士・介護支援専門員 入社年:平成23年 学歴:中部学院大学 人間福祉学部福祉学科卒業 趣味:日曜大工 休日の過ごし方:アウトドア 介護への想いをカタチにできる自由さがある。 健康福祉事業部 部長 有料老人ホーム あみーご倶楽部大垣 施設長 北島 史裕 社会福祉士・介護支援専門員 入社年:平成23年 学歴:中部学院大学 人間福祉学部福祉学科卒業 趣味:日曜大工 休日の過ごし方:アウトドア

自分の想いをカタチにするため転職。

児童福祉の道に進みたかった私が、高齢者の介護に興味を持ったのは大学の実習でした。そのとき高齢者の方々との触れ合いが楽しく、天職かもしれないと進路を再考。その後、紆余曲折の末、就職したのが特別養護老人ホームの生活相談員でした。しかし、ご利用者様のためにと奮闘するも、地方自治体による運営のため

自由な提案ができる環境ではありませんでした。もっとご利用者様のために、よりよいサービスを提供したい。日々強くなっていく想いをカタチにするには、もっと伸び伸びと動ける環境に身を置くしかないと思い、家族や周囲の反対を押し切り、センチュリークリエイティブに転職しました。

つぎづきと現場をまかされ、理想を実現。

センチュリークリエイティブに決めたのは、社長の介護に対する想いが同じだったからです。しかも、社員の裁量で自由に動ける環境にあることも大きな要因でした。おかげで入社してから私は、施設長として現場をまかされ、やりたいサービスを次々と実現。そのうえ輪之内や江南など、新しい介護施設の新設にも関わることができました。
また会社として介護施設のコンサル事業を手掛けており、私がこれまで培ったスキルやノウハウなどが活かせるのもやりがいにつながっています。自分の想いをカタチにしたい私にとって、センチュリークリエイティブは理想的な環境ですね。

介護は大変だけれど、手応えのある仕事。

世間的に見れば、介護の仕事は大変そうに見えるでしょう。もちろん、現場が大変なとこもありますが、やはり日常的に「ありがとう」と言われる仕事は、そうそうないと思います。さらに、ときにはご利用者様から励まされたり、貴重なお話をいただくこともあったりと、何かと得られるものが多い仕事だと思っています。特にセンチュリークリエイティブでは、グループホームといった少人数制かつ親密なコミュニケーションがとれる施設が多く、手応えのある仕事ができる環境といえます。また話が苦手な方も現場を通じてイキイキと話せるようになるなど、成長できる環境が整っています。

想いを共感できる仲間を増やしたい。

これまで、さまざまな介護関連施設を立ち上げてきました。だからといって、決して利益優先の会社ではありません。よりよいサービスを提供するため、つねにご利用者目線で運営をしています。その結果、ムリのない施設運営が可能となり、ご利用者様はもちろん、社員のみなさんにも理想的な環境となっています。今後の夢は、他社にない全く新しいサービスをつくること。まだ具体的なアイデアがないので、私の想いと共感できる仲間を増やしつつ、ともに創造していけたらと考えています。

サイトマップ